‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

頭痛や肩こりについて

2014/02/21

 

 

仕事や日常生活で、毎日忙しく働いたり体を動かしていますと、どうしても同じところだけに負担が掛かってしまい、その結果、頭痛や肩こりといった、辛い症状が出てきてしまうことがあります。一旦その症状になってしまうと、痛みが気になってしまい、仕事や家事に集中出来なくなり、はかどらなくなってしまいます。そのような症状も、元々自分が持っていた症状ということもありますが、筋肉や筋といったものを使い過ぎると、各所に疲労が溜ってしまい、肩こりの原因になりやすくなります。その他にも、元々生まれた時からの、自分の体の状態であったり、或は後から何らかの原因で起きてしまうこともあります。体の骨格の基本である、骨盤やその他の場所の歪みであっても、そういった肩こりのような症状が、頻繁に出てくる可能性は高くなります。骨格は、その位置が常に維持されていてこそ、順調に動いて、体の機能も動かしていきますが、それが阻害されてしまうと、何処かにそれ相応の負担が掛かってしまい、結局、体の内部から不調が出てきてしまいます。原因を取り除かずにいて、酷くなると、症状が肩こりだけではなく、体の内臓方面まで影響が及んで、もっと状態が辛いものとなってしまいます。

セルライトについて

2014/02/21

 

 

腹部、臀部、大腿部に出来るでこぼこはセルライトと呼ばれ、女性の間では美容の敵とされています。脂肪細胞に老廃物や水が溜まって出来た物、脂肪細胞同士が付着して出来た脂肪の塊、リンパ液やコラーゲンが溜まってできた物、など諸説あってはっきした結論は出ていません。フランス語で細胞を意味する「Cellule」に鉱物を意味する「ite」を組み合わせた造語とされています。脂肪の多い部分にできやすいため、皮下脂肪の多い女性によく見られる症状ですが、医学的に病気とはされていません。
血行が悪くなることで脂肪細胞が衰えて代謝が悪くなります。すると脂肪細胞が肥大し細胞同士が付着しあるいは老廃物が溜まると皮膚の表面がでこぼこした形になります。目に見えてでこぼこが表れている状態は、かなり進行してる状態であるため、実際には気づかないうちに生成されている場合が多く、症状が進行して悪化すると、「オレンジピールスキン」と呼ばれるオレンジの皮のように変色した状態になります。
運動不足や生活習慣の乱れによって血液のリンパ液が循環機能が衰えるのが原因とされ、症状が進行すると血行が悪くなり、むくみや冷え性を引き起こされます。また、加齢による機能低下も原因とされますが、生活態度を見直すことによって改善することが出来ます。

便秘改善について

2014/02/21

 

 

便秘とはお腹の中にうんちが長期間止まった状態のことを言います。
長い人では1週間程でない人もいて、結局は薬に頼っている人もいます。
体の中に長期間止まっていれば、うんちが細菌の餌になって悪い影響を与えます。
便秘とは、普通3日以上出ない場合と言われるようですが、毎日でないと水分が吸収されて堅いうんちとなり、よけい出にくくなりますので、1日1回のお通じを目指すべきです。
それが出来ないから苦しいのですと反応が出てきそうですが、解消法としては安易に薬に頼るのではなく、他の方法を試みて下さい。薬はあくまでも最終手段です。
便秘になった原因は、野菜不足・運動不足や生活習慣に原因がありますのは間違いのないことです。
それが分かれば、うんちは毎日出る筈です。
特に女性の場合、ダイエットに執着するあまり、食事制限をされています。
これでは、うんちの材料が無いので、便秘になるのは当然です。
食事制限をされず、食べることです。それも善玉菌の餌となるオリゴ糖や野菜・その他ヨーグルト・納豆・海藻等が良いと言われています。
体操やストレッチなどもお勧めです。
その他、人間の体はあらゆる器官に通じていますので、ツボ押しで効果があります。
こうしてみますと、便秘解消法とは、毎日の健康づくりだということが分かります。

生理痛について

2014/02/21

 

 

生理痛に悩んでいる女性は少なくありません。また生理前にもお腹が重たくなったりイライラするなどの月経前症候群になられる方も多くいらっしゃいます。生理が終わればスッキリとして体も軽くなりますが、排卵後の女性の体は黄体ホルモンが増加するために、体がむくみやすくなったりホルモンのバランスが乱れてイライラしやすくなったり涙もろくなることが多いです。もちろん何も感じない方もいらっしゃるので千差万別ですが、月経前症候群も生理中の痛みも不快なことには変わりありません。生理中の痛みは体質的な事やストレスを感じている場合は体を冷やしすぎると強くなる傾向にあります。そのため生活のリズムを整えたり、体を冷やさないように気を付けたり、ストレスを上手に発散するなどしながら体調を整えておくと少しはましになることがあります。しかしながら薬を飲んでも痛みが治まらないなど、強い痛みや出血量がかなり多い場合は何か病気が潜んでいる場合があります。すぐに産婦人科を受診して検査を行うようにします。生理中の痛みが健康のバロメーターになることもあるので、痛みや出血量を毎回チェックするなどして何かいつもと違うと感じた場合は病院でみてもらうことが大切です。

冷え性解消について

2014/02/21

 

 

冷え性は、血液やリンパ液の流れが何らかの原因で悪化することによって起こることが知られています。

その原因は様々ですが、その一つに膝の関節の変形や歪みがあります。

たとえば、膝が外側や内側に大きく湾曲している場合には、脚の外側の筋肉のみが酷使されて、脚の内側の筋肉はほとんど使われないので、内側の筋肉が衰えてしまいます。
脚の筋肉は、脚全体のポンプ機能にとって重要なので、極端な筋肉の偏りが生じると、脚全体の血流の悪化を招いてしまいます。
とりわけ、膝関節の歪みや変形の影響を受けやすい脚の付け根や膝、太もも、ふくらはぎには、太い血管や脚のポンプ機能の根幹を担う重要な血管が数多く通るので、血流が大きく悪化してしまいます。
つまり、こうした脚全体の血流の悪化の結果、足の先端にまで十分に酸素や栄養分が行き渡らなくなるので、冷え性の症状があらわれるわけです。

また、同様に、脚全体を満遍なく通り、細胞から老廃物や余分な水分を回収する機能を持つリンパ管の流れも悪化してしまうので、代謝機能が低下して冷え性を招きやすくなります。

以上のように、冷え性解消には、早めに膝の関節の歪みや変形を改善して脚全体の歪みを解消することが大切といえます。
特に、歪みや変形が軽度の場合には普段何気なく見ているだけでは気づきにくく、気づいても痛みなどの症状があらわれていない場合には、治療を後回しにしがちなので、特に頑固な冷え性にお悩みの方は、自分の脚の筋肉の付き方などをよく確認して、早めに医療機関を受診することが大切です。

O脚矯正のメリットとは

2014/02/21

 

 

人間の立ち姿を見た時に、八頭身のすらりとした姿は、くっきりと目に焼き付いて、印象深く脳裏に残ります。それが若くて美しい人だったり、大人の成熟した色気を放っている、女性だったとしたら、目が定まって動かせなくなることとなります。例え、絶世の美女で無くても、見た目の、バランスが取れている方というのは、それだけで人の目をくぎ付けにする、メリットがあり、一種独特の魅力となります。世間では、見た目の良さより、心の内面とよく言われていますが、それも道理で、なお且つ、立ち姿の美しい人は魅力的となります。そのバランスとは、人間の本来持っている骨格が、歪みも無く、ずれてもいないという状態であり、それが見た目の良さに、つながっていきます。本来真っすぐであるべき骨が、歪んでいると、何処かしらに、不調を抱えている可能性があり、また傍から見ていて、不健康に映ってしまいます。人の姿を、後ろからよく見てみますと、骨盤の当りや脚の状態が、どうなっているかが判ります。
折角決めているファッションも、それだけで、台無しになってしまいかねません。見た目の良さとは、平均的な均整が取れているかどうかであり、特別、美人である必要はないのです。

O脚になる間接原因について

2014/02/21

 

 

脚を閉じても両ひざに隙間が開いてしまうのは、見た目の問題だけでなく、全身のバランスが崩れる大きな原因となります。このような状態になってしまうことには様々な生活習慣による影響が関わっており、整体などで治療してもらっても間接的な原因を改善していかなければ意味がありません。下半身に悪い影響を及ぼす習慣をよく理解し、日頃から気をつけるようにしましょう。
ひざのバランスが崩れてしまうことの原因としてよく挙げられるのは姿勢の悪さです。姿勢が悪いと骨盤が歪み、それがひざへも大きく影響します。常に良い姿勢を保つことはもちろん、横すわりをしたり、片足に体重をかけて立ったり、バッグをいつも同じ側の肩にかけたりすることもひざに負担がかかりますので注意しましょう。
また、ストレスがたまると体が強張り、筋肉が凝ることで猫背になりやすくなります。両ひざが開いていると下半身の代謝が悪くなってしまうものですが、血液のめぐりが悪くなることでそれにさらに拍車がかかってしまいます。脚がむくみやすいというお悩みをお持ちの方は代謝の悪さが原因になっていると考えてよいでしょう。また同様に、ダイエットなどを目的として補正下着を頻繁に身につける方も注意が必要です。

O脚になる直接原因について

2014/01/15

 

 

「まっすぐに立った時に両膝の間に隙間があいてしまう」という人、多いのではないでしょうか。このような症状は多くの日本人に見られ、この脚の形に悩みを持っている人も少なくありません。脚が曲がってしまうと、骨盤にゆがみが生じ、そこから腰痛や肩こり、頭痛といった症状を引き起こしてしまうこともあります。
このような脚の形になってしまう直接原因は、激しい運動や普段の姿勢、偏平足といったものがありますが、特に大きな要因としてはヒールの高い靴など足に合わない靴を履くことで起こる外反母趾が挙げられます。

足の親指の付け根が内側に曲がってしまう症状です。ひどくなると、何もしなくても痛みを伴うようになります。そのため、痛みを避けようとして、知らず知らずのうちに体重を足の外側にかけるようになってしまうのです。このような歩き方を続けるうちに脚は自然と曲がってしまいます。

まずは、ヒールの高い靴などを避け、足に負担のかからない靴を選び、重心を正しく保つことが大切です。また、脚の曲がりを改善す矯正運動を取り入れるとよいですね。もちろん、日常の歩き方や座り方、姿勢などにも気を付けましょう。

体のゆがみをなおして、快適な生活を送りたいですね。