O脚になる間接原因について

 

 

脚を閉じても両ひざに隙間が開いてしまうのは、見た目の問題だけでなく、全身のバランスが崩れる大きな原因となります。このような状態になってしまうことには様々な生活習慣による影響が関わっており、整体などで治療してもらっても間接的な原因を改善していかなければ意味がありません。下半身に悪い影響を及ぼす習慣をよく理解し、日頃から気をつけるようにしましょう。
ひざのバランスが崩れてしまうことの原因としてよく挙げられるのは姿勢の悪さです。姿勢が悪いと骨盤が歪み、それがひざへも大きく影響します。常に良い姿勢を保つことはもちろん、横すわりをしたり、片足に体重をかけて立ったり、バッグをいつも同じ側の肩にかけたりすることもひざに負担がかかりますので注意しましょう。
また、ストレスがたまると体が強張り、筋肉が凝ることで猫背になりやすくなります。両ひざが開いていると下半身の代謝が悪くなってしまうものですが、血液のめぐりが悪くなることでそれにさらに拍車がかかってしまいます。脚がむくみやすいというお悩みをお持ちの方は代謝の悪さが原因になっていると考えてよいでしょう。また同様に、ダイエットなどを目的として補正下着を頻繁に身につける方も注意が必要です。