セルライトについて

 

 

腹部、臀部、大腿部に出来るでこぼこはセルライトと呼ばれ、女性の間では美容の敵とされています。脂肪細胞に老廃物や水が溜まって出来た物、脂肪細胞同士が付着して出来た脂肪の塊、リンパ液やコラーゲンが溜まってできた物、など諸説あってはっきした結論は出ていません。フランス語で細胞を意味する「Cellule」に鉱物を意味する「ite」を組み合わせた造語とされています。脂肪の多い部分にできやすいため、皮下脂肪の多い女性によく見られる症状ですが、医学的に病気とはされていません。
血行が悪くなることで脂肪細胞が衰えて代謝が悪くなります。すると脂肪細胞が肥大し細胞同士が付着しあるいは老廃物が溜まると皮膚の表面がでこぼこした形になります。目に見えてでこぼこが表れている状態は、かなり進行してる状態であるため、実際には気づかないうちに生成されている場合が多く、症状が進行して悪化すると、「オレンジピールスキン」と呼ばれるオレンジの皮のように変色した状態になります。
運動不足や生活習慣の乱れによって血液のリンパ液が循環機能が衰えるのが原因とされ、症状が進行すると血行が悪くなり、むくみや冷え性を引き起こされます。また、加齢による機能低下も原因とされますが、生活態度を見直すことによって改善することが出来ます。